社員の持分の譲渡方法

株式会社でいう「株式の譲渡」のことを、合同会社では「持分の譲渡」といいます。
合同会社の持分の譲渡は、そのまま社員(役員)の変更につながります。
ですから、持分の譲渡には社員全員の承諾が無くては出来ないことになっています。
ただし、業務執行をしない社員の持分の譲渡には、業務執行社員全員の承諾があればよいことになっています。
逆に言えば、合同会社の社員になりたい場合には、その合同会社の社員全員の承諾が必要といえます。

もちろん、合同会社には定款自治という、内部規定が自由に決められるという特徴があるので、上記とは違った定めを定款で行うことも可能となっています。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>