債権者の計算書類の閲覧・謄写請求権って?

合同会社は有限責任です。合同会社の債権者は、社員に対して出資の限度でしか責任を追及することが出来ません。これでは債権者保護にかけるので、有限責任の合同会社との取引の安全を確保するために、合同会社の債権者営業時間内であればいつでも計算書類の閲覧・コピーの請求が出来ます。この法律により、合同会社の債権者は、自らが取引を行おうとしている合同会社の資産等を知ることが出来るので、一応の安心を持ちながら取引が可能になります。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>