業務執行社員の責任は?

合同会社では社員全員が業務執行の権限を有しています。つまり、社員全員が合同会社を代表することになります。しかし、定款により業務執行社員を決めておけば、業務を執行する社員を限定することが出来ます。
そして、業務執行社員には次のような責任が発生します。
・善良な管理者の注意義務(善管注意義務)
・忠実に職務を行うこと(忠実義務)
・合同会社以外の利益のために第三者と取引を行う(競合禁止規則)
・合同会社の利益に反する行為の禁止(利益造反取引規則)
・報告義務など

ただし、上記のような行為で他の社員の過半数の同意がある場合や当該行為を認める定款がある場合には許されます。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>