社員の入社・退社に伴う持分の払い戻しについて

合同会社に社員として入社するには、定款の変更が必要になります。と同時に、出資金の払い込みも行います。こうすることによって、合同会社に社員としての地位が得られます。

次に、合同会社の社員を辞めると、出資金が払い戻されます。
ただし、この払い戻しには制限があります。そもそも、出資金とは会社債権者に保護に当てられるものですから、払い戻しによって会社債権者が害されるようなことがあってはいけません。ですから、払い戻しが合同会社の剰余金額を超える場合には、その事項を公告し、知れている債権者には個別に通知をしなければいけません。この時、債権者から異議が無ければそのまま払い戻しが行えますが、異議があれば、合同会社の債権者に対して弁済、若しくは担保を供与し若しくは相当な財産を信託銀行等に信託する必要があります。
また、出資が不動産であった場合には金銭による払い戻しも認められています。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>