8.LLPと合同会社の違いは?

LLPとは有限責任授業組合のことで、簡単に説明すると法人格のない合同会社です。 正確には会社とは言わずに、民法上の"組合"になりますが、従来の組合よりもより事業が行いやすい形態の団体といえます。

一般的な組合(民法上の組合)とLLPの一番の違いは、有限責任であることです。民法上の組合では、組合員の責任は無限ですが、LLPでは組合でありながらも有限責任ということで、リスクの軽減がはかられます。


合同会社 LLP
法人格
課税 法人課税 構成員課税
出資者の責任 有限責任 有限責任
内部自治 定款によって可能(定款自治) 契約によって可能(内部自治)
定款の変更 定款に決まりがある場合を除き、総社員の同意が必要 契約に決まりがある場合を除き、総組合員の同意が必要
無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>