4.法人格のある合同会社

合同会社は株式会社と同じように立派な法人格を持っています。つまり、合同会社の名で不動産が取得できたりお金を借りたり、契約をすることができます。法人格がないと、代表者個人が行うことになり、リスクが高まります。 しかし、法人格があることで法人税が課税されます。これは、法人税が課された上に、利益配分で所得税が課せられるので「経済的2重課税」と呼ばれています。

法人格という信用があるのに、株式会社のような法律による縛りが少ない合同会社にはメリットが沢山あります。設立費用が安いこともあって、今後は合同会社の数が株式会社の数を上回る日が来るでしょう。

無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>