3.所有と経営の一致

合同会社は所有と経営が一致しています。例えば株式会社は、株主であっても経営者(役員)である必要はありませんが、合同会社では株主(出資者)は経営者(社員)でなければなりません。合同会社ができるまでも、所有者=経営者という法人格が存在しましたが、それらは無限責任であるために会社の経営に失敗をした場合には、膨大な債務を負ってしまうのというリスクがありました。

しかし、合同会社の場合には所有者=経営者であっても有限責任、つまり出資した限度で責任を取ればよいのでリスクが限られます。 そして、合同会社では社員が全ての権限を持っているので、利益の配分などを自由に決めることができます。しかし、株式会社では、重要決定事項は株主総会が決定し取締役会が執行するという煩雑さがあります。

無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>